不妊について

全く同じ時間をかけて同じ治療をしても、妊娠する方としない方がいます。
妊娠しない方には何らかの妊娠しない原因があるはずです。その原因を突き止め、的確な治療法を見付け、実践して行くこと。それが不妊治療であると私は考えます。
しかし、原因によっては治療法がひとつであるとは限りません。患者さん一人一人の体力や時間等の個人的事情が異なる為、その事情に合った治療が選択されなければならないと考えます。
そこで私は、しっかりとした診断のもと、ご夫婦お二人の意見を尊重した上で治療を進めて行ければ良いと考えています。
個人的には同じ女性として、また私自身が注射等の痛みに弱いこともあり、出来るだけ肉体的な苦痛を伴わない治療を目指しています。
例えば、私が得意とする子宮鏡検査・治療に関しては、現在ほとんど痛みを感じない状態で実施していますし、不安の強い方については、麻酔下で行っています。体外受精の採卵後には「痛みはありませんでしたか?」と尋ねるのが私の口癖になっています。よく外来で、「こんなこと聞いてもいいのかどうか・・・」と前置きされてから質問をされる方がいらっしゃいますが、疑問に思ったことがあれば何でも遠慮なくご質問下さい。私の分かる範囲で精一杯お答えしますし、分からないことは文献などを調べた上で後日お答え出来るよう努力するつもりです。

院 長 内海靖子